タイトル前飾り
人生相談
タイトル後ろ飾り

心や体(鬱や病気)の問題、ひきこもり、登校拒否など、他人には相談できないことについて、

抱えている問題、疑問、悩みを解決する為のアドバイスや解決策を六大識瞑想塾長の

高田龍伸氏が一対一で具体的な相談に応じて頂けます。人生相談料金 15000円(90分)

お申し込み方法

電話  092-410-5110

FAXかEメールで、人生相談とお書き頂き、時間等の詳細、ご連絡先等も忘れずにご記入ください。

FAX 092-947-6717 Eメール sumamiwaryo@yahoo.co.jp

タイトル前飾り
修行体験、瞑想道場
タイトル後ろ飾り
__

私達は仕事に追われ多忙な毎日を過ごしています。そこには心のゆとりを失い、悩みとりにまどわされ、本当の自分を見失っていないでしょうか。

仕事の悩み、受験の悩み、子育ての悩み、とこれらが気の迷い、病となって病気をひきおこす素になっています。

心と気持ちをおちつけ無念無想となることにより、それが自己を取り戻す糧となることに疑いなく、生きる事への喜びも湧き、生活の向上へ役立つと思います。

 

修行道場、体験修行、瞑想道場のご案内

篠栗郷ノ原の大自然の凛とした空気の中、ゆったりと坐禅・写経・瞑想を行い、自分自身を見つめなおしてみてはいかがでしょうか?

 

体験修行

《体験料》お一人様・税込み

阿字観坐禅体験(約60分)    ・ 1,080円 (お茶、菓子付)

写経体験(約90分)    ・ 1,080円(お茶、菓子付)

実地時間

午前の部 (AM9:00からPM12:00の間)

午後の部 (PM1:00からPM4:00の間)

夜の部  (PM7:00からPM10:00の間)

※すべて予約制ですので、必ず事前にご予約ください。

 

修行道場(毎月第一土曜日)

1泊(1泊3食)6,000円(供養ロウソク代金込)

行事予定(修行カリキュラム)


14:30 入道

15:00 開講式(日程等の説明)

15:30 寺院参拝

16:00 写経

17:30 勤行

18:30  入浴

19:00 夕食  食事作法(食前観、食後観指導)

19:30 瞑想

21:00 就寝準備(布団敷き)

21:30 就寝

二日目

5:30  起床

6:00  滝行

6:30  勤行

7:30  作務(清掃等)

8:00  朝食  食事作法

8:30  奉仕行(作務等)

10:30 教学、法話

11:30 寺院参拝

12:00 昼食

12:30 閉講式

 

日帰り(6h)(昼食付)3,240円(事前にて電話で予約が必要です。)


9:00   開講式(日程等の説明)

9:30      寺院参拝

10:30 写経

12:00 昼食

13:00 作務(清掃等)

14:00 教学、法話

15:00 勤行

16:00 閉講式

 

写経

写経は、仏さまの「経」を一字一字「写」しとり、その正しい教えをしっかり受け止め、 こころを整える行です。自ら写経をすることによって仏の教えを知り、自らを清めていく行です。

 

勤行

仏教徒である事を自ら証するため、経典に説かれる善業(ぜんごう)のひとつとしての実践などど説かれる。また追善法要として行うものは、善業を行った功徳を、故人の冥福を祈って回向するものである。また仏恩・師恩に対する報恩報謝、仏徳讃嘆の為に行うという意義も説かれる。

 

食事作法

食事というものは食欲を満たす「楽しみ」ですが自分が生きていく為の「糧」を授かる有り難い「修行」でもあります。その恵み・生きる糧をいただく作法を食事(じきじ)作法といいます。その作法で唱える経文を記しますその意味・内容をしっかり汲み取ってください。

 

瞑想

瞑想とは、思考をストップさせること。この一言に尽きます。つまり、考えないようにすることです。その方法とは、「何か一つのことに集中する」ことです。思考は、雑念とも申しまして、心のにごりです。このにごりを取って、澄んだ 清らかな心を取り戻しましょう。

 

滝行(水垢離)

水の祓浄力を利用して,不浄をとり去る行為をいう。垢離という場合は,仏事を前にして川に入り,洗浄すると理解されている。神道では,一般に禊(みそぎ)することであり,垢離と禊は,同じ心意の上に成り立っている。《古事記伝》では,垢離を川降りの義だとしている。すなわち,川辺にでて,水を浴びることにより,身体に付着した不浄なものいっさいを,川水に流してしまうと考えられている。

 

作務・下座行

《作務》

仏教が発生したインドにおいてお坊さんが労働することは戒律により禁じられていました。ですからお坊さんは托鉢により食物を人々に布施して頂き食べていたのです。しかし、仏教が中国に至り、教えが広く民衆に広まっていくに従い修行者は自らの食物を農耕によって自分たちで調達するようになっていきます。「一日作さざれば、一日食らわず」有名な言葉の精神でもってこの作務を単労働作業とせずに、坐禅やお経を読むことと同様に大事な修行と考え励むようになったのです。

《下座行》

下座行”を積んだ人でなければ、人間のほんとうの確かさの保証はできないと思うのです。いかに才知才能に優れていようと、どれほど人物の立派な人であっても、自分を人よりも一段と低い位置に身を置き、わが身の修養に励むことを言うのです自分の傲慢心が打ち砕かれ、それによって自分を鍛えるための最適の場所と心得て、これを生かしていくという、いわば受動的消極的な場合が多いでしょう。便所などで、人の粗相のあった場合など、人知れずこれを浄めておくとか、教室の机の中の鼻紙を、人知れず捨てるなどということを、“下座行”としてやろうと決心をすると(汚いと思われるものにも親しみが湧き)、しみじみと身にしみるものがあるのです。他から課されたものではなく、自ら進んでこれをやる時、言い知れぬ力が内に湧いてくるものです。だれ一人見るものはなくても、それが五年、十年と続けていくと、やがてその人の中に、まごうことなき人間的な光が身につき出すのです人間も自分の肉体が白骨と化し去った後、せめて多少でも生前の真実の余光の輝きだすことを念じるくらいでなければ、現在眼前の一言一行についても、真に自己を磨こうという気持ちにはなりにくいものかと思うのです。

 

教学(法話)

仏さまのみ法を聞き、お大師様の説かれた真理の法則に基づく信仰生活の実践により、自分自身に良い変革をもたらします。自らの人生を実り多きものとする機会です。心の在り方を変えることで運勢を変えることが可能です。

 

修行体験詳細はこちら

1.心の修行体験

修行体験を希望の方は、僧侶の日常生活の一部を修行します。

期間は1泊2日(毎月第一土曜日

原則として14歳以下は受付不可。

2.お申込み

お申し込みは、少なくとも2日前までに、電話、FAXにて祖聖大寺修業道場・修行体験係へお申込みください。

■都合で修行体験の日程を変更する場合は 連絡してください 。

3. 服装

服装は自由ですが、作務(掃除)のできる服(トレーニングウエアなど)運動靴等を用意してください。

その他、寝間着、洗面用具を持参してください。ジーンズは不可。

滝行をされる方で滝衣をお持ちでない方は滝衣を1000円にてレンタルいたします。

4.受付時間

修行道場の方は、当日開始の10分前までに受処にて受付してください 。

指導の都合上時間厳守 。

■ 間に合わない場合は事前連絡してください。

5.料金

1泊2日コース(3食付)   6,000円(消費税込み)(毎月第一土曜日

日帰りコース(昼食付)    3,240円(消費税込み)(事前予約が必要です)

TEL 092-947-6368FAX 092-947-6717

 

 大識道場のご案内 (随時受付)092-410-5110

はじめに・・・

瞑想は、いいものと悪いものがあるのですが、悪いことはあまり書かれていないのです。瞑想の効果が一番わかるのは、心が落ち着くことです。呼吸の乱れや、精神が安定しない場合、瞑想をすると、呼吸が落ち着き脈拍の乱れも無くなり、やがて、心が安定してきます。さらに、瞑想を深めていくと、頭に何も浮かばなくなり、時間を感じなくなるのです。その反面。瞑想を深めていくことは、集中力を深めていくことで、精神的に不安定な人や病気がある人が瞑想を行うと、始めは効果があってもやがて精神が不安定になり、異常をきたすことになりかねないのです。このようなことがあるために、普通は、瞑想をするときには監視をしてくれる人を必要とするのです。本格的に瞑想の効果を求めるのであれば、必ず、マスターがいりますが、願望実現を瞑想に求めるのであれば、呼吸に意識を合わせ、インスピレーションするだけで効果があるのです。六大識瞑想法では、本来人間が持っている能力を自分自身で高め、そのことを知ることにより、自信が持て、日々の生活が楽しく過ごせる為の方法だと思っております。貴方の知らない世界で貴方の為に貴方の肉体、精神は生き続けているのです。貴方が貴方自信を想い愛することで、貴方が歩むべき道が観えてくるのです。まずは、貴方自信が貴方を知るべきです。貴方を動かす方法は貴方しか分からないのです。

お大師様のお言葉です。『迷吾すなわち我にあれば、発心すればすなわち至る』

「心を散漫にすることなく自分の道をよくよく見つめれば、自ずと道が開けていくものである。」瞑想によって自身の心を見つめることができます。めまぐるしい世の中、洪水のような情報社会の中で自分を見つめる事は、心を見つめることであります。今、心はどのような状態でしょうか。曇ってはいないか、晴れ渡った心の状態でありますでしょうか。常に我のこころを見つめて、自身の道を確認しましょう。

代表   高田龍伸

 

五感瞑想法(潜在意識瞑想)

潜在意識

過去における考えや、心構えや、欲望の大きな貯蔵庫で、その数百万にのぼる整理棚には毎日の生活の中で、読んだこと、聴いたこと、観察したこと、受けた印象、考えたことが貯蔵されています。潜在意識は創造的な洞察力や、直観力の無限な宝庫です。

潜在意識は、本質的に自在に発揮できる力をもっています。この無限の力は顕在意識としての心が表面に出ている場合には、それに制約され十分に発揮されませんが、非常事態に直面した場合などには、顕在意識は背後に後退し、かわって潜在意識が思う存分にその力を発揮することになります。それが一般的に言われる、「火事場の馬鹿力」です。

潜在意識は目が覚めているときでも、眠っているときでも24時間休まず活動しています。例えば、われわれが眠っている間にも、心臓の鼓動、呼吸、食物の消化、新陳代謝、ホルモンの分泌など、体の機能を絶え間なく動かし続けてくれるのも潜在意識の働きによるものです。

潜在意識は批判、判断機能をもたず、与えられたものをそのまま受け取り、そのまま蓄積していきます。また現実と想像を区別することがなく、倫理時間空間の影響を受けることがありません。また睡眠中の夢、ひらめき、直感などを生み出します。

潜在意識に語りかける最もよい状態とは、朝床の中で半睡の状態になっているときや、夜床について眠りに入ろうとする直前、そして催眠状態などです。催眠状態に誘導された場合に、最も典型的に表れます。催眠状態に誘導された人は、意識がないわけでも、眠っているわけでもなく、意識的に自分に話しかけられた話を聞いたり、理解することが出来、考えたり理屈づけたりする能力を保持しています。
しかし、催眠中の潜在意識は、より暗示を受けやすくなり、潜在意識と直接コミュニケーションをとることが最も容易になります。

 

顕在意識

顕在意識とは、決意したり、判断したり、選択する心の領域であり、望ましいこと、望ましくないことを識別する能力を持っています。悩んだり、不安になったり、願望を持ったりします。

 

五感

五感(ごかん)とは、動物ヒト外界感知するための多種類の感覚 機能のうち、古来からの分類による5種類、すなわち視覚聴覚触覚味覚嗅覚をさす。この伝統的な分類を前提として、人間の感覚全体を指すために「五感」という表現が用いられる。この、五つの感覚を感覚別に瞑想することによって、人間が本来携わっている感覚を高めると同時に潜在意識で自分の能力を高め、進めていくのに効果があります。

心身共にリラックスして疲れを取り人生を向上させる為に・・・・・

 

六大識瞑想法とは・・・

六大識瞑想法、すなわち、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚を各感覚別で瞑想いたします。

視覚瞑想・・・ 曼荼羅(絵)見つめて頂き、自分が想うインスピレーションを心の中で

      描いていただきます。  5分

聴覚瞑想・・・ 音楽を聴きながら・楽器の音色、リズム、歌詞から受けるインスピレーションを

      感じて頂きます。 5分

触覚瞑想・・・ 両手のひらを胸のまえあたりで平行にし、空気の玉を掴むイメージをし

      頂き、気を感じて頂きます。 5分

味覚瞑想・・・ 目の前に、塩が入った皿(少量)をおいて頂き、まずその皿(塩)10秒見てインスピレーション                                 

      して頂き、その後、一つまみ、口の中にて、5分間味を感じて頂きます。5分

嗅覚瞑想・・・ お香を焚いていただき、香りからくるインスピレーションを感じ、ゆったりと

      呼吸をして頂きます。 5分

自覚瞑想・・・ 自分自身を感じる瞑想です。目の前に見えるもの、聞こえる音、体に触れる空気感や衣服の感

      覚、舌に感じる味覚、周りの匂いや血液が流れている感覚や臓器の鼓動などを感じて頂きます。   

      5分                          所要時間約30分

 

六大識瞑想道場の詳細

祖聖大寺境内にて、エレメントヒーリング、自己ヒーリング、対峙ヒーリングを実践して頂き、本堂内で六大識瞑想法を行います。

 

ヒーリングとは・・・心身に働きかけて生命力・自己治癒力を引き出し治癒・回復を促す活動。癒し。( 三省堂提供「デイリー 新語辞典」より)

 

エレメントヒーリングとは・・・エレメント(万物(物質)の根源をなす究極的要素、元素)

古代中国では物質の根源要素には「木」「火」「土」「金」「水」の5つを基本物質である「元素」と考える 五行思想を置き、これに陰陽が関わり宇宙のすべてが成り立つと考える陰陽五行思想を構築した 。

仏教では仏教においても万物の構成要素として「地・水・火・風」を「四大」または「四大種」という考え方がある。ただしこれらにはそれぞれに「象徴機能」といった付帯的な特徴を持ち、様々な現象( )の根本という抽象的解釈で語られる。この概念は拡大して「(くう)」を加えた五大(マウアラカキヤ)、さらに「」を加えた六大へと発展し、観念的・哲学的な考え方である。当道場では、エレメント(自然、空気、水、光)と向き合っていただき、ヒーリングしていただきます。

 

自己ヒーリングとは・・・自分自身を客観的に見つめて頂き、自己に語りかけていただきます。

 

対峙ヒーリングとは・・・貴方と導師が向き合い、感じたことを言葉に出し合い、

           ヒーリングしていただきます。

 

瞑想道場詳細はこちら

1.所要時間

初回2時間位 、次回からは1時間位

一日コースは7時間(am9:00~pm5:00)

2.お申込み

お申し込みは、少なくとも1日前までに、

電話、FAXにて六大識瞑想道場係へ

お申込みください。

TEL 092-410-5110携090-3987-8367FAX 092-947-6717

■ 都合で瞑想道場の日程を変更する場合は 連絡してください 。

3. 服装

服装は自由ですが、瞑想のできる服(作務衣、トレーニングウエアなど)

運動靴等を用意してください。

4.実地時間

毎週火曜〜日曜日

午前の部 (AM9:00からPM12:00)

午後の部 (PM1:00からPM4:00)

夜の部  (PM7:00からPM10:00)

指導の都合上時間厳守 。

5.参加人数

1名様~20名様迄

6.参加資格

15歳以上の方

体調、けが等には十分ご注意の上、各自の責任においてご参加ください 。

7.費用

参加費用

※瞑想体験初回3,240円 (消費税込) 、(教材等)、(ソフトドリンク、菓子付)60分

※次回以降は2,160円 (消費税込) 、(教材等)、(ソフトドリンク、菓子付) 60分

おすすめ!一日コース(六大瞑想の基礎がマスターできます。10,800円am9:00~pm5:00(昼食付)

※1泊2日コース(六大瞑想の基礎がマスターできます。21600円pm3:00~翌pm12:00(温泉食事付)

8.瞑想合宿

六大識瞑想の初級をマスターできます。

初級1泊2日(AM9:00~翌日PM5:00)(食事付、温泉料金含む)43200円

上級2泊3日(PM15:00~翌々日PM0:00)(食事付、温泉料金含む)64800円

宿泊は寺院にてですが入浴は寺院近くの有名温泉旅館の露天風呂

 

お申し込み方法

当院までお電話・FAXでお申し込みください。

修行道場(毎月第一土曜日)

1泊2日コース(3食付)   5,400円(消費税込み)(毎月第一土曜日)

日帰りコース(6H)(昼食付)    3,240円(消費税込み)(事前予約が必要です)

修行道場受付番号 TEL 092-947-6368FAX 092-947-6717

六大識瞑想道場の受付は下記の電話番号にてお願いいたします。

TEL 092-410-5110携090-3987-8367

FAX 092-947-6717

 

 FAXの場合は、「修行体験(写経、瞑想、座禅)」、「修行道場申し込み、一泊か日帰り」、「六大識瞑想道場」とお書き頂き、時間等の詳細、ご連絡先等もわすれずご記入ください。

TEL受付 年中無休 9:00~21:00にお電話ください。

FAX受付 24時間年中無休(名前・住所・電話番号・希望日・人数を記入)

郷ノ原観音祖聖大寺

〒811-2405    福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗80-1